旧ソ連の小国ジョージア名物「シュクメルリ」を作ってみる

 ネットを見ていたら、とても美味しそうな料理があったので作ってみました。

 「TABIZINE」というサイトにNaoさんという方が投稿された記事です。

 記事のタイトルは、

 「ニンニク好きなら絶対に作ってほしい!悶絶するほど超美味なジョージア名物「シュクメルリ」」、TABIZINE、2020.3.22。

 ジョージアって名前の国、あったっけ??

 以前、グルジアと呼ばれていた国のことです。「2015年4月14日、黒海沿岸にある国「グルジア」の呼び名を「ジョージア」と改める法律が日本で成立した。」という記事を見かけました。知らなかった(汗)。

 ジョージアは、黒海の東岸に位置している国です。国土面積は69,700km2で、北海道の8割ほどの広さの国です。

 たぶん、日本人には最も馴染みのない国の一つかも知れません。このサイトで取り上げるのはこれが最初です。

 さて、この国の名物料理が「シュクメルリ」。鶏肉をガーリッククリームソースで煮込んだ、伝統的なジョージア料理の一つであるそうです。 記事を読んでいたらかなり美味しいらしい。そこで、早速作ってみます。

基本のレシピ

「シュクメルリ」の作り方
【作り方】(二人分)
手羽元  10本
ニンニク 2玉
バター  15g
牛乳   400cc
サワークリーム  大さじ4
塩・コショウ  適宜

【作り方】
1.手羽元に塩コショウを振り、すり込む。オーブンを220℃に余熱する。
2.パウンドケーキ用バットにバターを細かく切ったものを入れ、手羽元を並べ、余熱が終わったオーブンに入れ、30分焼く。
 (この時に使うのがキュレットという鉄鍋ですが、ないので、パウンドケーキ用バットで代用)
3.(一人分ずつ作ります。) ニンニクひと玉をみじん切りにする。(1片ではなく、ひと玉丸ごとです。)
4.小さなフライパンに牛乳200ccを入れ、加熱。途中で、ニンニクを入れ、ふつふつと沸騰してきたら火を弱め、サワークリーム大さじ2を投入。
5.ここに、焼き上がった手羽元とバットに溜まった油を加え、味見しながら、塩コショウで味付けします。少し煮て完成。
6.とろみが欲しい人は、水溶き片栗粉で少しとろみを付けてもよいでしょう。

 美味しく仕上げるコツは、肉をしっかり焼くことと、ニンニクをたくさん使うこと。

家族に大好評

 レシピを見れば分かる通り、チーズは使っていません。チーズを使うとシチューのようになり、「シュクメルリ」とは別料理になります。しかし、味は、濃厚なスープでやみつきになりそう。

 家族から好評でした。

 まず、味ですが、これまで経験したことのない不思議な味になっています。これはサワークリームが影響しています。また、ニンニクを大量に使うことで、風味がよくなります。

 今回は、付け合わせとして、ニンジン、ジャガイモ、タマネギを茹でて、別皿に盛りました。温野菜にソースを付けて食べるというスタイルです。

 うちの奥様の感想は、顔を見れば分かります。笑顔がこぼれています。かなり美味しかったようです。

 息子の感想は、肉の表面がカリカリで、中はジューシー。手羽元の肉が骨から直ぐにほぐれ、とても美味しいとこれまた好評でした。

作るのは簡単だけど、お財布には優しくない

 今回の食材で、中沢サワークリームが270円くらい、青森県産ニンニクが1玉100円程度(2個使用)なので、これだけで470円です。さらに、手羽元が300円。計770円。

 残りの材料は冷蔵庫に入っているので気にはなりませんが、なかなか豪華・高価な食事になります。

 海外にいると、サワークリームはたまに使うのですが、日本にいるとまず使うことはありません。たぶん、今回、日本で初めて買ったように思います。それにしても値段が高い。外国では大きなパックに入っているのですが、中沢サワークリームのパックは90mlと小さなサイズです。これで、ちょうど大さじ4くらいになります。余っても使い道が分からないので、このサイズでよいでしょう。

 ニンニクは青森県産のものを使っているので、どうしてもコストがかさみます。

 この料理は、本来、キュレットという鉄鍋を使って作り、鍋のまま食卓に。熱々を頂く料理のようです。しかし、キュレットを持っている家庭は少ないと思います。

 調理器具が増えるのは嫌いですが、キュレットは一つくらい買っておいてもよいかも。100円ショップで売っていないかなぁ? 

 上の文章を読んで不思議なことに気づきませんか? 材料は二人分。奥様と息子が食べました。管理人は?

 管理人は鶏肉が苦手なので、鳥料理は食べません。作るだけです。しかし、二人分でも高額な料理なので、4人分作ったら家計に響きます。

 しかし、このような料理のレシピを知っていると、誰かが来たときにさっと出せて、感動させることができます。

 

コメント