お知らせ

【追記 2020.06.18】
 
 2020年6月1日より、サイトの引越作業を行っています。

 第一段階は、独自ドメイン化、第二段階は、SSL化です。2回に分けた更新作業となります。

 本サイトのWordpressは適当に構成したため、簡単に引っ越しできる状況にありません。さらに、1200を越える膨大な記事数が引越作業を難しくしています。フォルダ・データベースなど全てのサイズが大きすぎるため、データベースが更新できないし、引越もできない。

 いろいろやったのですが、全て失敗。結局、地道に、記事一つずつ確認していく作業が必要となりました。データ量が大きすぎるのが最大の問題となっています。バックアップをパソコンにダウンロードし、データベースなどのバックアップを削除してもまだまだ大きい。

 *** 追記 ここまで ***

このサイトは、「なんでも保管庫」の新バージョン、その名は、「なんでも保管庫2」。

新たに模様替えしてスタートしました。

「なんでも保管庫」は2008年3月にSeesaaブログで書き始めたものです。2012年にこのサイト「なんでも保管庫2」を開設し、2017年4月に旧サイトの記事を全てここに引っ越しました。旧サイトはそのまま残っていますが、このサイトにリダイレクトされます。

「なんでも保管庫」は、元々、「ネコ肉球4個分の幸せ(本館)」の素材倉庫として始めたのですが、最近は、本館の更新は行わず、このサイトのみ更新しています。

 コメントは、どの記事に書いてもかまいません。コメントが書けない記事がありますが、設定の仕方が分からないのと面倒なので放置しているだけなので。

 記事の中にたくさんの誤字脱字があります。それを見つけるたびにガッカリしてしまいます。チェックをしているつもりでも、誤字脱字は避けられない。

 仕事で報告書等を書く場合は、印刷してチェックするのですが、ブログでは直接執筆するため、誤字脱字を無くするのは難しい。誤字脱字だけでなく、意味不明な記述もたまにあります。これは、パソコンの操作ミスや不具合が原因で、本人は正しく書いたつもりが、消えていたり、余計なフレーズが入っていたりします。

 このため、執筆途中でも、できあがった分からアップするようにしています。これにより、誤字脱字が多くなっているようです。こまめに見直して校正しているのですが、もし、見つけたらご指摘ください。

 本当は、記事を印刷して校正したいのですが、記事内容を頻繁に修正しているため、なかなかこの方法が採れません。おかしな文章を見つけても、スルーしてください(笑)。いつかは間違いに気づくと思うので。

 

 2019年5月20日、本サイトの総訪問者数が大台の百万人を越えました。うれしい!

 以前のサイトでも総訪問者数が百万人を越えていたのですが、このサイトに引っ越してからしばらくはアクセスが伸びず心配していました。やっと大台超えで、なにはともあれうれしい。

管理人について

 本サイトの管理人「ネコ師」は、猫が大好きな男性です。年齢は非公開。

 資格は、技術士と英検2級とヤマハのエレクトーン8級とアマチュア無線技士を持っています。そう言えば、測量士補も持っています。申請すればくれる奴です。測量士も申請すればもらえるのですが、特に使う予定もないので取得していません。

 働きながら、修士課程と博士課程を終え、博士号を取得しました。技術士と博士号の取得に関心のある方は、過去記事に書いていますのでご覧下さい。この両方を持っている技術者って意外に少ないと思います。

 海外勤務が長かったので、頭の中が日本人離れしているかもしれません。

 それが良いか悪いかという判断ではなく、どう見えているのかが一番大切なことだと思います。本サイトの記事は、一般的な既存のサイトとは全く違った視点で書くことを目指しています。

 本サイトでは、さまざまなジャンルの記事があります。基本的には、管理人が興味を感じたこと、不思議に思ったことを掘り下げていく内容になっています。

 本サイトで最近多いのが歴史関係の記事です。管理人が不思議に感じたことは、実務経験もない歴史学者が書く視点はとても偏っているということです。実務を経験していないから、歴史上の人物がどう考えたのかが分かっていないように感じます。管理人には、伊藤博文がどう見ていたのかが分かるときがあります。視野が違うのです。

 本サイトの記事についてのコメントは歓迎します。賛同であれ批判的なものであれが同じく歓迎します。しかし、時折、「こいつ、記事を読んでいないな!」というコメントがあります。そのようなコメントは、スパムとして扱い、削除します。公開しても他の閲覧者に何のメリットもないからです。

 

43 thoughts on “お知らせ

  1. ひまんちゅ

    エドワード・リーズカルニン 調べてて 訪問したんですが、そのほかにもピラミットの造り方とか、
    大変参考になりました。
    感動しました。

    ところで、蓮花さんの 歌の名前が 大して意味は変わらないとは思いますが、
    花ひらり じゃなくて、 夢ひらり っぽいです。

    返信
  2. カヤ

    はじめまして。
    岩井法の確立雨量算出のエクセルシートをいただけませんでしょうか、
    よろしくお願いいたします。

    返信
  3. やす

    はじめまして。お世話になります。
    岩井法の確立雨量算出のエクセルシートを送付戴けないでしょうか。んでしょうか、
    よろしくお願いいたします。

    返信
  4. ごお

    お世話になります。
    「岩井法による確率雨量・流出解析計算シート」を送付いただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    返信
      1. yokkok

        はじめまして。
        岩井法による確率雨量計算を利用したいのですが。
        シートの提供をお願いします。

        返信
  5. wsoku

    はじめまして。
    岩井法の確立雨量算出のエクセルシートを送付して頂けないでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    返信
    1. Nekoshi

      >wsokuさんへ
       前の2名は送っても何のコメントもなし。学生なのでしょうか。社会人なら必ず返信くれますけど。せっかく送っても、届いたのかどうかさえ分からない管理人です。
       この状態が3名続くとこのサービスは中止することにしています。今のところ、かろうじて続いていますが。

       ただいまファイルを送付しました。

       ネコ師

      返信
  6. yokkok

    はじめまして。
    岩井法による確率雨量計算を利用したいのですが。
    シートの提供をお願いします。

    返信
  7. かめぶた

    はじめまして。
    貴殿が作成された「岩井法による確率雨量・流出解析計算シート」を
    使用しくファイルを送付していただけないでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    返信
  8. 虎徹

    はじめまして。虎徹と申します。

    岩井法による確率雨量計算シートを利用したいのですが、送って頂けませんでしょうか。

    不躾なお願いで申し訳ありません。
    宜しくお願い致します。

    返信
      1. 虎徹

        お返事遅くなり申し訳ありません。
        多忙の為確認が遅くなりました事お詫びします。
        確かに受け取りました。
        大変助かります。
        有難う御座います。

        返信
  9. Hiroshi Ikeuchi

    2018.03.17
    なんでも保管庫2管理者 様
    『FotoMorphの日本語化ファイル(FotoMorphJP.lng)をダウンロードする』にリンク先が見当たらず
    ファイルを入手する方法が解りません。
    ご多用のところ恐れ入りますが、どの様にすればDL出来るのかご教示お願い出来れば有難いです。
    DancingHero

    返信
    1. Nekoshi

      >Hiroshi Ikeuchiさんへ

      コメントありがとうございます。
      このコメントにはちょっと驚きました。
      というのは、FotoMorphは制作者が配布を終了し、配布サイトは閉鎖しているはずと思ったからです。だましサイトからダウンロードしたファイルはインストールできないと思います・・が。

      制作者配布の終了した古いソフトだったので、日本語化ファイルはオンラインストレージ上のファイルも、管理人のパソコン内のファイルも削除しました。このため、残念ながら提供できません。

      返信
      1. Hiroshi Ikeuchi

        2018.03.18
        なんでも保管庫管理者様へ
        いまDL出来るのは二つのソフトが内包されているソフトです。
        uncheckyと言うソフトがインストをチェックしていて無事導入できました。
        ご多用のところ状況をお知らせ下さり詳細理解致しました。
        日本語化は諦めてSqMorphの使用経験をもとに、少し遊んでみます。
        有難うございました。
        Hiroshi Ikeuchi

        返信
  10. にしき

    確率雨量をや流出解析の検証方法を調べて本サイトにたどりつきました。
    「Excel:岩井法による確率雨量・流出解析計算シート」を提供頂けないでしょうか?
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    返信
      1. にしき

        ネコ師様
        ファイル、拝受しました。
        この度は誠にありがとうございました。
        勉強させて頂きます。

        返信
  11. こう

    はじめまして。お世話になります。
    岩井法の確率計算を勉強しております。
    エクセル版をいただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    返信
      1. こう

        猫師様
        お忙しいところ申し訳ありません。
        メールを送っていただいたようなのですが、受信できないようです。大変申し訳ありませんが、別のアドレスを入力しますので、そちらの方へ送っていただけないでしょうか。お手数をお掛けして申し訳ありません。

        返信
        1. Nekoshi

          >こう さんへ
           ただいま再送しました。時々このようなことがあるので、ここで確認しています。

          返信
          1. こう

            猫師様
            ファイルを受け取ることができました。
            ありがとうございます。
            勉強させていただきます。

  12. オーノ

    初めまして
    オーノと申します。
    設計業務で雨量による雨樋の適切なサイズについて悩んでいます。
    貴殿の作成された岩井法による確率雨量計算シートを、ぜひ参考にさせていただきたいです。
    差し支えなければ、シートを頂けないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    返信
      1. オーノ

        猫師様

        ありがとうございます。
        シートを拝受致しました
        大変に助かります。
        参考にさせていただきます。

        オーノ

        返信
  13. オータ

    初めまして
    オータと申します。
    設計業務で確率降雨量の検討を行っています。
    HPで公開されていました岩井法による確率雨量計算シートを、ぜひ参考に検討させて頂きたいので計算シートを提供頂けたら幸いです。
    また、ガンベル法による確率雨量計算シートも作成されたりするのでしょうか?
    不躾なお願いで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

    返信
  14. 山田

    初めまして、山田と申します。
    確率雨量の計算をやりたくて検索していたところ、このページにたどり着きました。
    「岩井法による確率雨量計算シート」をご提供いただけると助かります。
    よろしくお願いいたします。

    返信
  15. ねこ好き

    お世話になります。
    はじめまして。
    岩井法の確率計算を勉強しております。
    【Excel:岩井法による確率雨量・流出解析計算シート】をご提供いただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    返信
  16. 山根 利朗

    お世話になります。
    岩井法の確率計算を利用したいのですが、エクセルシートを
    ご提供して頂けないでしょうか、よろしくお願い致します。

    返信
    1. 梅田 史郎

      ねこ師様へ
      はじめまして。
      積雪深の確率計算をしたいと思いますので、岩井法の確率計算エクセルシ-トを頂けないでしょうか。
      よろしくお願いします。

      返信
  17. isongs

    こんにちは。和宮さまの死因がコレラとありますが、当時は様々な疫病の流行があったのですね。1874年開拓使仮学校の学生が3人が腸チフスで死亡しています。
    2年前、植松三十里氏の講演で森有礼の妻「森常」の話を伺う機会があって、開拓使女学校に関心を抱き「辛夷開花」読みました。そこから、森・黒田・岩倉具視、使節団ほか明治初期の活動に驚いています。ネコ様の使節団のスケジュールで海外留学の渡航期間は参考になりました。有難うございます。

    返信
    1. Nekoshi

      コメントありがとうございます。いろいろな記事をお読み頂いたようでうれしいです。
      明治は分からないことだらけですが、調べているといろいろなところでつながりが見えてきて楽しい時代でもあります。
      和宮のコレラ罹患は1つの仮説として提示したもので、本当のところは分かりません。森有礼も面白い人で、管理人は女子留学生の流れで調べたのですが、教団という視点で調べると人のつながりが見えてくるように思います。

      返信
      1. isongs

        コメントありがとうございます。森がアメリカで生活を共にしていた教団のことですか?時間があれば、調べてみます。岩倉使節団の目的の記事ですが、データーを利用した客観的な考察方法に賛同します。ウキペディアくらいの知識しかないのですが、岩倉氏はいろいろな場面でかなり自分の意見書を書かれているようです。そこから考えれば、岩倉の深い見方もあると思います。あと、時間のロスといわれる時間帯も含めて、単純な感想から言えば、高官だけでなく、書記官、随行員、留学生など多くの人々が長期間、国外の現実・文化・人々に触れたことが今日の日本を形成することができた土台になった意味でそれも大きな目的だったかなと感じました。

        返信
        1. isongs

          Nekoshiさま
          昨年、望田 武司さまに偶然お会いすることがありました後日、黒田清隆の「敗軍の将、輝く 榎本武揚“生きざま”の検証」を書かれた方だと言うことをしりました。

          返信
          1. Nekoshi

            コメントありがとうございます。

             望田さんの本は読んだことはないのですが、面白そうな本ですね。管理人は、榎本武揚という人物と勝海舟とのつながりが気になっています。

             大田区洗足池の勝のお墓の前にある「水船(手水石)」の寄進者の名前の中に榎本武揚の名があります。(過去記事:「勝海舟が住んだ屋敷跡とお墓に行ってきました」)

             幕末・維新、榎本は北海道行きも含めて勝に常に報告していたようです。明治政府での宮使いも我慢して続けた榎本を当時は批判する人が多かったようですが、管理人には別の思惑が榎本にはあったように思います。明治になったからの榎本と徳川家との関係はよく分からないのですが、勝も含めた高位の旧幕臣たちは、幕府終焉の戦後処理に何らかの形で関わっていたように思います。

          2. isongs

            黒田、榎本、勝、福沢、森、津田仙などの人間関係が面白いです。20〜30代の若者のエネルギーが凄いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA