写真への袋文字の挿入やGIFアニメを簡単に作れるフリーソフト


公開日:2014年5月23日  最終更新日:2020年7月3日

写真にクッキリした縁取りのある文字を入れたり、写真の修正、はたまた、GIFアニメの作成までできるフリーソフトをご紹介します。

このソフトは、使い勝手が良く、機能も充実しているので、インターネットにアップする画像処理、文字入れなどは、このソフトだけで十分かと思います。

PhotoshopやGIMPを普段使わない理由は、起動が遅いからです。どんなに優れたソフトでも使い勝手が悪いとお蔵入りしてしまいます。その点、このソフトは、起動が速く必要な機能を備えているので、はっきり言って「お勧め」です。

驚いたのは、写真に袋文字を挿入する機能です。とてもきれいに挿入できます。さらに、通常の画像処理機能が付いている他に、GIFアニメーションを作成する機能もあります。特筆すべき点は、GIFアニメのサイズを自由に変更できること。これまで、この作業は専用のソフトを使っていたので、それは管理人にとって、とてもうれしい機能です。

これは「PhotoScape」というソフトで、以下のサイトからダウンロードできます。

    「Download PhotoScape 3.6.5

上のリンクをクリックすると下の画像のようにダウンロードサイトに移動します。ダウンロードで不愉快な思いをしないためには、コツが必要なので、少し書きます。

ここで、ソフトをダウンロードしますが、赤枠で囲んだバナーをクリックした方が良いと思います。他のバナーをクリックすると不愉快な思いをしたり、意図しないソフトをダウンロードさせられてしまうことになります。一番上の大きな「Download」バナーは広告でる。このような誤クリックを誘うような広告設定はGoogle Adsenseポリシー違反だと思います。とても不愉快な思いをします。めんどくさいことになるので絶対にクリックしないように。

 赤枠のバナーをクリックすると下の画面になるので、再び、赤枠で示したバナーをクリックします。これでダウンロードが始まります。少し時間がかかるので、じっと待ちます。変化がないと「あれ~っ」と思ってしまい余計な部分をクリックしそうになりますが、待ちましょう。

下の画像は、以前作成した回転する月をGIFアニメにするためにPhotoScapeに読み込んだものです。

 仕上がりはこちらです。GIFアニメのサイズを変更しています。この回転する月のGIFアニメのサイズは、1.43MBです。まずまずの大きさになっていると思います。

 

次に、画像への文字入れです。袋文字を入れてみます。

今回のモデルはうちの愛猫ピーちゃんです。おめかししています。

これに、本サイトのタイトル「なんでも保管庫」という文字を入れます。

 仕上がりが下の画像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA