EXCELの表をリンク付きの図で貼り付ける便利な方法


公開日:2013年7月3日  最終更新日:2020年7月18日

 EXCELの表をリンク貼り付けするとき、図として貼り付けると何かと便利なときがあります。

 例えば、セルのサイズに左右されずに、自由に大きさを変更できます。

 しかし、単に図として貼り付けたのでは、内容が変わったときに再度、貼り付ける作業が生じます。
 こんな時は、「リンクされた図」として貼り付けると良いでしょう。

 元の表が変更になっても、図の内容も自動で変更されます。

 このリンクされた図は、他にもいろいろな場面で使えるので、覚えておくととても便利です。

方法

(下の図を参照)

① 範囲を選択(A2:C12)

② [CTRL]+[C]で選択範囲をコピー

③ 貼り付けたいセルをクリック(ここではセルF2)

④ [ホームタブ]⇒[貼り付け]⇒[その他の貼り付けオプション]⇒[リンクされた図]

 このEXCELブックをDLしたい方はこちらからどうぞ。

 DLするほどのものではないのですが、一応、アップしておきます。