電子書籍のプレビューで閲覧スペースを大きく表示する方法

web編

 文献検索をしていると、電子書籍のプレビューなどが検索結果にヒットすることがあります。そして、そこには、ピンポイントで知りたい内容が書かれてあることもしばしば。

 ところが、電子書籍のプレビューは、固定のヘッダ、固定枠がとても大きなスペースを占めているため、実際にプレビューに使えるスペースはとても狭く使いにくい。このプレビューを読んでいるととても疲れます。多くの方が不便に感じていることではないでしょうか。

 そこで、今日は、この固定枠を消して、プレビューのスペースを広げる方法を、簡潔にご紹介します。

 (なお、一昨日の記事で紹介した『Web閲覧で邪魔な固定ヘッダーを消す方法』では、「電子書籍」の固定枠は消せません。ヘッダではないので。だからこの記事を書いています。)

 今回の方法を使うと、下のような感じになります。

 固定枠を消すと、プレビュースペースが劇的に広がり、閲覧が容易になります。

 上の画面で、検索バーが表示されていますが、これは、[×]ボタンで消えるので、閲覧スペースはさらに広がります。

  以下、Firefox、Google Chrome 共通の方法を書きます。

webサイトの邪魔な固定枠を削除する方法

  1. [F12]をクリックします。
  2. 画面下半分に「要素の調査」ウインドウが開くので、その左上端の四角いアイコンをクリックします(マウスをあてると、「ページから要素を選択します」とメッセージが出る)。
  3. 画面上半分に表示されている「消したい部分」をクリックします。
  4. キーボードの[Delete]キーをクリックします。すると、上でクリックした部分(要素)が消えます。
  5. ヘッダは複数の要素で構成されているので、上の操作(2~4)を繰り返して、全ての要素を消します。すると、スペースも消えます。
  6. 同様に、不要な部分を消していくと、プレビュー部分を大きく表示できるようになります。作業が完了したら、「要素の調査」ウインドウの右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

 

 この方法は、電子書籍のプレビュー画面の拡大だけでなく、様々な機会に活用できるのではないでしょうか。

 サイトによっては、複雑な多くの要素で構成されていることがあります。しかし、上で示した簡単な操作の繰り返しで、きれいに消すことができます。

 なお、元の表示状態に戻すには、リロードします。

フレームが崩れて記事が読めないサイトの記事を読む

 記事の更新がストップしているサイトでたまに見かけるのが、フレームが崩れて表示されるため、記事が読めなくなっているケース。

 たとえば、下のサイトでは、別フレームが記事に重なって表示されているため、記事自体を読むことができなくなっています。別フレームは消すことができない。
 
壊れたフレームのサイトの事例

 池田長発を調べていて、たまたまたどり着いたサイトがこの状態ではガッカリします。そんなときに限って、この記事をどうしても読みたい、ということも。このような場合も、今回の方法で、重なっているフレームを削除することで、下に隠れていた記事を読むことができます。

 無駄に広い固定枠を使っているサイトを閲覧するとき、画面の小さなモニターを使っている我々一般人にとって、役立つ情報だと思います。

 無駄に長い記事を掲載しているサイトが多いので、今回の記事は超簡潔に書きました。

YouTube全画面表示の時の動画タイトルも消せる

 YouTubeで、Photoshopのチュートリアルを閲覧している時、よく見えないので全画面表示にするのですが、邪魔になるのが動画タイトル。これは、カーソルを画面の縁に移動すれば消えるのですが、問題は一時停止したとき。

 一時停止して、操作手順を確認したいとき、ちょうど動画タイトルが表示されている位置にメニューバーがあり、見えない。

 これはとても困ります。

 実は、この動画タイトルも上で紹介したやり方で消すことができます。画面をキャプチャするときなどとても便利です。

タイトルとURLをコピーしました