ファイル名の変更でF2を押してもうまく機能しない時があるのはなぜ?

 ファイル名を変更しようとする場合、エクスプローラ等のファイラーで対象ファイルを選択し、F2キーを押すと、全体(ファイル名+拡張子)が選択され、もう一度押すと、拡張子以外の部分が選択された状態になります。この状態でファイル名を変更する、という手順が一般的だと思います。

 ところで、F2を二度押しても全体選択しかできないという場合があります。原因は不明ですが、この症状が出ると、どうやっても全選択しかできなくなります。F2をゆっくり二度押すなどいろいろ試してもダメ。お手上げです。

 この症状はいつも発生するわけでなく、時々発生する。これが頻発するとかなりイラつきます。

とりあえずの解決策

 いつ起きるか分からないトラブルほど困ることはありません。F2が機能しない! と毎回不快に感じるのは精神衛生上よろしくない。そこで、解決策を考えました。

 解決策とは、「お忍びリネーム。」というソフトを使うこと。「窓の杜」からダウンロードできます。
 
 このソフトについて「窓の杜」では、次のように解説しています。

お忍びリネーム。
エクスプローラ上でファイル名を変更する際に、拡張子を除いたファイル名の部分だけを選択できるようにする常駐ソフト。[F2]キーを押した際やファイルの右クリックメニューから[名前の変更]を選んだ際に、拡張子を除くファイル名の部分だけが選択され、この状態でさらに[F2]キーを押すと次はファイル名とピリオドを除いた拡張子部分だけが選択される。再度[F2]キーを押せば今度はファイル名とピリオドを含むすべての文字列が選択される。以降は[F2]キーを押すたびに、この3つの選択状態が切り替わる仕組み。そのほか、ファイル名変更時の詳細な動作を設定できるオプションや、ファイルの右クリックメニューを拡張する機能も搭載されている。

出典:窓の杜、「お忍びリネーム。」

「お忍びリネーム。」は、2014年にリリースされた古いソフトですが、Windows10でも問題なく使えます。

 

コメント