Photo Impactで加工


公開日:2014年6月9日  最終更新日:2020年7月2日

「Photo Impact」というレタッチソフトがあります。普段は使うことがないのですが、手っ取り早くインパクトのある写真にしたいというときに、使うことがあります。

特殊効果のフィルターが充実していて、設定なしで使えます。逆の言い方をすれば、細かな設定はできません。

例えば、下の画像は、人物だけを切り抜いたpng形式の画像ですが、これに背景を入れ、シャボン玉、星、レインボーライトの効果を加えています。

 額縁の種類も洒落たものがたくさんあります。

写真の縁取りはほとんどしないので、あまり使ったことはありませんが。

 操作はとにかく簡単です。クリックしていくだけで効果が追加されます。

PhotoshopやGIMPは、操作が面倒なこと、さらに、たまにしか使わないので操作方法を忘れてしまうという問題があります。これらのソフトは、本格的に画像の加工をするとき以外は起動せず、もっと簡単なレタッチソフトに頼ってしまいます。

 下の画像は、かなり前に、ページをめくれる猫絵本を作ったときに使ったものです。作り方が雑ですが、効果としては面白いのではないかと思っています。

 この画像に台詞を入れ、ページをめくれるフラッシュを作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA