何気ない写真なのに実際に見たらチビリそう!

 下の画像をご覧ください。全く何の変哲もない写真です。

 別に変化するわけでもありません。道ばたに女の子が花束を抱えて立っているだけの写真です。

 ところが、何も変化しないからこそ恐ろしい!

 変化しないからこそ恐ろしい、という写真はとても珍しい。

 こんな場面に出くわしたら、オシッコをチビリそうです。かなり怖い!

 これは、ロシアのオレンブルクという道路に立つ少女の人形で、車のスピードを抑え、交通事故を減らすために地元の警察が設置したもののようです。

 書かれているロシア語を文字おこししてみました。翻訳はGoogleです。翻訳の苦情はGoogleにお願いします。

на оренбургских дорогах водителей в темное время суток пугают школьницы. дело в том, что управление ГИБДД решило выставить на областных макеты школьниц с букетами цветов. По мнению полицейских, зто должно побудить водителей снижать скорость У пешеходных перходов.

オレンブルク道路では、女子学生は暗闇の中でドライバーを怖がらせます。事実は、交通警察署が地域のものの上に花の花束を持つ女子高生モデルを置くことにしたということです。警察によると、これはドライバーが横断歩道の近くで減速するのを奨励するはずです。

Один из водителей рассказывает, Что, когда неожиданно увидел на обочине девочку в платье с цветами, очень сильно испугался, резко нажал на тормоза и чуть не улетел с дороги. По его словам, на тормоза и не улетел с дороги. По его словам, на трассе Оренбург-Соль-Илецк он насчитал целых 12 Макетов детей. Другой автолюбитель сравнил происходящее с фильмом ужасов, когда на пустынной дороге внезапно посреди ночи появляются дети. Мулжчина, вспоминая фильм же успехом ГИБДД могло расставить на обочинах макеты мертвых людей с косамн…

運転手のうちの一人は、私が道路の脇に花のついたドレスを着た女の子を突然見たとき、私は非常におびえていて、ブレーキを叩いて、ほとんど道を離れて飛んだと言った。彼によると、ブレーキは、道路から飛び立ちませんでした。彼によると、オレンブルク – ソル – イレツク高速道路で、彼は子供の12レイアウトと同じくらい多くを数えた。別の運転手は、子供たちが突然真夜中に人けのない道に現れるとき、ホラー映画で何が起こっているのかを比較しました。映画を思い出しながらムルチナ、しかし交通警察の成功は傍観者に死者のモックアップを配置することができます…

コメント