サイズの異なる本などを固く縛る方法

以前テレビでやっていた不揃いのサイズの本でもしっかりとヒモで縛る方法をご紹介します。引っ越しや本を整理したいときにとても便利な縛り方です。また、庭木を切ったときなど、不揃いの枝をヒモで縛る時に重宝します。

【方 法】

1.ヒモを3mくらい引き出します。両手にヒモを持ち、手を広げて、これを2回繰り返すとちょうど良い長さになるようです。

2.このヒモを床に置き、本を縛れるくらいの大きさの輪を3つ作ります。この時、ヒモの長い方が輪の下にくるようにします。

3.作った3つの輪を重ねます。そして、輪の手前に乗せるように本を置き、輪の向こう側を本に被せます。

4.ヒモの両端を引っ張ります。かなり力を入れないと引っ張れません。この過程で、本がしっかりと縛られていきます。

5.長い方のヒモで十字にかけてさらに引っ張り、角をつかって結びます。

これで完成。この結び方をするとしっかり縛ることができ、まったく緩みがありません。三つの輪が三重のヒモがけのようになるために緩まないようです。

部屋にある本や書類を大量に処分することにしたので、この方法が大活躍しました。

コメント