グアムで食べた雑炊を再現したくて苦労したら、単なるコンソメスープ煮だったと言う話

 子供が小さかった頃、グアムに行ったことがあります。

 グアムに行っても食べるのは日本食。やはり、管理人は海外生活には向いていないようです。

 グアムで遅い朝食、というか昼食を食べようと訪れた先が日本レストランでした。そこで注文したのが雑炊。

 これがとてつもなく美味しい! と感じました。あまりにも美味しかったため、お代わりを注文。本当に美味しかった。でも、値段もそれなりに高かったけれど。

 日本に帰って、この味を再現しようと何度も試みたのですが、すべて失敗。

 あるとき、単純なコンソメスープで雑炊を作ったら、「あっ、グアムの味だ」となりました。なんと、グアムのレストランで出された雑炊は単なるコンソメ味の雑炊だったのです。

 なぜ、気づかなかったのか。それは管理人が聞きたい!

 グアムで食べた雑炊は、とても澄んだスープにニンニクを利かせたというシンプルな味でした。それなのに、管理人はその味を再現したくて、様々な調味料を加えていたのです。今思えば、単なるお馬鹿さんです。

 シンプル・イズ・ベスト! 料理は味のシンプルさが重要だと感じました。

 作り方は、水にコンソメを入れ、沸かしてからご飯を投入。弱火でじっくり火を入れ、ニンニクすり下ろしを入れ、塩で味を調え完成! とてもシンプルなレシピですが、激うまです。

 ご飯を入れた後は弱火で調理します。強火だと米の粘りけが出て、澄んだスープになりません。粘りけをとるためご飯を水洗いするなど御法度。そんなレシピを書く人は味音痴なのだと思います。ご飯が格段に不味くなります。

 雑炊というと卵を入れたりキノコを入れたりしたくなりますが、それは今回とは別料理です。スープはあくまでも透明で濁りはないのです。他の食材を加えた時点で別料理になります。スープが濁ってしまうからです。それほど繊細なのです。管理人が何度も失敗した原因がそこにあります。スープが濁ると別の料理になります。

 今回ご紹介したレシピはあまりにもシンプルなものですが、とても美味しいので、是非作ってみて下さい。

 

コメント