古い絵画と実写のコラボ

 古い絵画、特に宗教画は重々しさがあり、それそはそれでよいのですが、いつも観たいとは思いません。

 古い絵画なので、現場も当然古い。カビの生えたような・・・という言い方もできます。

 現代の写真と古い絵画を合体すると意外にきれいです。

 古くささが消え去り、新しい何かが湧き出てくるような気がします。

 古い絵画は、「William Adolphe Bouguereau」の “Song of the Angeles”、電車は東武鉄道です。

 古い絵画と実際の写真を組み合わせてみました、パート2です。

 実際の写真と組み合わせるには、絵画の方の彩度を高めた方がきれいに見えるように思います。

 絵画ではなく写真のコラージュも作ってみました。

 古い絵画と写真のコラボ、第2弾です。(記事を統合しました。)

 背景は、相変わらず電車です。人の乗っていない車両を撮影するのが難しいので、いつもの写真になってしまいました。