古い写真に色づけしてみる

 なかなか上達しない白黒写真のカラー化。

 今日は、二枚作ってみました。

Source: Flickr

 
 この写真が誰なのかは不明です。きれいな奥さんです。デンマーク国立博物館の収蔵品のようです。
 これをカラーにしてみます。

萬龍

 写真は、萬龍(まんりゅう)。明治40年代、「日本一の美人」と謳われ、当時人気を博した芸妓だそうです。確かに美人ですね。美人長命。満79歳までお元気でした。

 二つの記事を統合しました。以下、翌日の記事分です。
 
 今日は、別の方法を使ってみます。

 オリジナルの白黒写真です。ビリー・バーク(Billie_Burke)というアメリカの女優さんで、1908年に撮影された写真です。

         Source: Wikipedia “Billie Burke

 これをカラーにしてみます。

 今回は、肌色のテクスチャ画像を用意し、モードを「カラー」にして合成しています。

 比較的綺麗に仕上がっていると思います。ブラウスの右腕のあたりを透けるように加工しています。
 後で気づいたのですが、胸のあたりもスケスケにすればよかった。閲覧者の期待に背いてしまいました(笑)。

 やはりこの方法が一番キレイに仕上がるのかも。

 次に、古い写真ではなく、銅像の写真に色を載せた作品です。

 これは、(管理人にとって、)とても難しく、やっとここまでできました。

 春日局の銅像写真をカラーにしたのが下の画像です。ざっと作ったバージョンですが、思ったよりきれいです。

 銅像のカラー化が難しいのは、顔が黒いから(笑)。この黒を抜くことができない。別の色に置き換えるともはや顔ではなくなる。