この動画は何なのだろう|丸太を運ぶ美女たち

はじめに

 YouTubeでこんな動画を見つけました。まるでポケモンのカメックスのように二本の太い丸太を背負っている女の子。

 これを見て、管理人はものすごく違和感を覚えました。この動画は何? 映画? でも、女の子たちがこの作業に慣れているのは一目で分かります。

この動画のバックに流れている曲名を知りたい

 最初の疑問がこれ! 上の動画に流れている曲が気に入りました。しかし、曲名も歌手名もどこにも書かれていない。TikTokを見ても、YouTubeを見ても書かれていません。通常は、TikTokでは曲名が表示されるはずなのに不思議です。探していたら、共有リンクには、曲名が表示されていました。

 ♬ Đôi Mắt Buồn – Đỗ Tuyết Nhi でした。「悲しい目」というタイトルの曲のようです。心に沁みる良い曲ですね。

@luu_quynh_nhu_2k♬ Đôi Mắt Buồn – Đỗ Tuyết Nhi を開いてみたら、日本ではこのサウンドはご利用になれません、ということのようです。

 

 Source: Đôi Mắt Buồn – Đỗ Tuyết Nhi – Official MV

 さて、問題の動画に戻ります。

この動画はドキュメンタリーなの? フェイク? やらせ?

 最初は、中国かタイの山岳民族のドキュメンタリー動画かと思ったのですが、どうも違う気がする。二人の女の子の服装が余りにも小綺麗なのです。こんな山の作業なのに、着ている服が作業着じゃないし、髪も整えているように感じます。

 それに、彼女たちが運んでいる丸太の重量が気になります。長さ2メートルくらいある太い丸太の重量は、たぶん、20Kgくらいはあると思います。あるいは、それ以上。それを2本背負って運びます。いつもやっている作業なのでしょう。腰のふらつきもなく、歩き始めます。なにより驚くのが、木材にくさびを鎌のようにもので打ち込むシーン。彼女は簡単にやっていますが、普通の人は怖くてできない動作です。鎌の背の幅が小さいからです。金づちとは違います。

 この動画は何なのだろう? 気になります。

 フェイク動画なのでしょうか? それとも本当に運んでいる?

 二人とも顔立ちが整っていることが、余計に注意を引きます。胸も大きいし・・・。

 ということで、早速調べてみることにしました。

別の動画もあった

 下の動画を見つけました。たぶん、この子たちは姉妹なのでしょう。情報がほとんどないし、書かれていても本当かどうか分からないのですが、どうやら三姉妹のようです。

投稿日時:2:48 PM · Jan 21, 2022

 

 いろいろ探すと、さらなる別バージョンがありました。

結局、この子は誰なの?

 luu_quynh_nhu_2k(ルー・クイン・ヌー)というハンドルネームでTikTokに投稿している女性、またはグループのようです。よく分からないのですが、ベトナム北東部のモン族の居住地域に在住なのではないかと思います。標高は1000m程度。

 そのように考える理由は、太い木材を伐採できること。高地には太い木はありません。モン族と推測する理由は、「luu_quynh_nhu_2」さん名で投稿されたTikTokの動画の中に、自宅で踊っているシーンがあるのですが、その時にかぶっている襟巻きのような帽子のようなものがモン族の衣装に似ていると感じました。また、タラの芽を摘んでいる動画では黒っぽい民族衣装を着ています。黒を基調とした民族衣装は世界的にとても珍しく、モン族(のうちの一部部族)の衣装として知られています。

 最初は、中国四川省涼山のイ族自治州の方たちだと思ったのですが、ここでは木材の伐採は無理です。太い木が育たない高地だからです。

 動画に対する多くのリツィートはインドネシア語でなされていますが、インドネシアで人気と言うだけで、彼女たちがインドネシア人な訳ではありません。そもそも、撮影場所が寒くなる地域なのは彼女たちの服装から分かります。

 なお、最初に掲載したYouTubeの二人の女の子は、luu_quynh_nhu_2さんとは別人のようです。でも、同じ村かも知れません。木材の枝払いに使う「鉈(なた)」は全ての動画で同じタイプのものが使われています。鉈のように叩いて切るだけでなく、鎌のように引き切りすることもできる道具のようで、日本では「鉈鎌」として最近登場したようです。動画では、杉を伐採後、この道具を使って枝打ちしています。

 伐採した葉っぱから、運んでいるのは杉だと思います。密度の小さな杉の丸太なので、軽いとは思いますが、太めの丸太は30Kgはありそうです。これがナラなどの広葉樹だったら、2メートルの丸太は絶対に運べません。密度が二倍あります。

 TikTokやYouTubeのコメントを見ると、様々な意見があります。

 管理人も書きたいことはいくつかあるのですが、管理人が知りたかったことは分かったので、これでおしまい。彼女たちの村を特定するのはやめます。

 フェイク動画やヤラセ動画ではなく、ガチの動画だと分かったことで、見方が変わります。

 あなたはこれらの動画を観て、どう感じましたか? 

知りたかったバックグラウンドで流れる曲は「ドラえもん」の曲(かなり笑えます)

 冒頭紹介した動画のバックグラウンドで流れている曲名を調べていたとき、YouTube画面を見たら、字幕が自動生成されていました。元言語はベトナム語。日本語への翻訳結果に笑ってしまいました。なんと、この曲は、『ドラえもん』の曲のようです。これ、かなり笑えるので、ぜひ、試してみて下さい。

 なぜ、ドラえもんが出てくるのか。これも気になります。

 これも調べます。

自動字幕でなぜ、ドラえもんの歌になるのか

 まず、歌詞を確認してみます。ベトナム語と英語で歌詞を書くとこんな感じになります。

 次に、翻訳です。

 この曲の歌詞は、下の画像の左のようになっています。右の日本語訳は無視してください。

 この最初の部分の「コードイマ・・・」の後ろの部分が確かにドラえもんと聞こえます。

  これが自動生成字幕の誤訳の原因のようです。空耳ということなのでしょう。

 この曲のメロディーは動画にピッタリと感じます。何度聞いても飽きない。

 ベトナム語の歌詞はどんな意味なのか気になったので調べてみます。機械語翻訳なので適当ですが、こんな内容の歌詞のようです。残念ながらドラえもんは出てきません(www)。

毎晩、思い出す悲しい瞳がある
胸がときめくような悲しい瞳がある
元彼を忘れられないのはわかるよ、まだ恋しいんだね
彼が出て行って戻ってこないからまだ悲しいんだろうけど
そして私はあなたの瞳を忘れることができない
その瞳を探しに行った
私たちが一緒にいるとき、あなたはよく黙っている
あなたの目は悲しみに満ちている
寒い夜を消すにはどうしたらいいですか?
寒さはあなたの人生を取り囲んでいます
どうして悲しみを分かち合わないの?
これであなたの目はもう悲しくないでしょう
本当のことを言う勇気がないだけで、私はあなたを愛しています。
私とあなたの心の中にある長い孤独を消すことができるように
私はただ、あなたに太陽の光がたくさん降り注ぐ空を届けたいだけです。

Đôi Mắt Buồn – Đỗ Tuyết Nhi、英文テキストをDeepLで翻訳

おわりに

 丸太を運ぶ女の子たちの動画。たくさんサイトで引用しているのに出典が明示されていない。TikTok動画をYouTubeに流している人たちは、TikTok動画にアップした人の許可を得ているのでしょうか。これに対して運営会社のGoogleはどう対応しているのでしょうか。

 問題となるのが音源の著作権です。TikTokでは音源の著作権者が表示されますが、TikTok動画をYouTubeにアップしたものではその情報を閲覧できません。最低でも、YouTubeの情報覧に記載する必要がありそうです。

 まあ、貧乏人が考えても仕方ない。運営会社のGoogleが考えればよい話です。

 今回、丸太を運んでいるのが中国人だったら記事をアップすることはなかったと思います。映像がイカサマという訳ではなく、 香港・上海などに拠点を置く専門の会社がマーケティングチームをつくり、流している映像だからです。被写体になっている女性は、動画がヒットすれば大金を手にできますが、収益のほとんどは会社が得る仕組みのようです。

 今回の動画を観れば分かるとおり、素人が撮影した映像ではありません。地方の貧しい女性たちを撮影して巨万の収益をあげる映像配信会社。それが悪いとは言えません。女性にとって、願ってもない収入源になるからです。問題は、収益の配分?

 まるで芸能事務所のようで、このシステム自体が管理人には馴染めません。

 「李 子柒」や「解古阿星xing」で検索すると、いろいろ考えさせられます。最後はお金でもめる。いつものパターンです。中国という国は、本当に難しい国です。

コメント