いろんな意味で美しいフラッシュモブ・オーケストラ

 スペインのSabadell銀行(BANCO SABADELL) の創立130年を記念して実施されたフラッシュモブのようです。
 センスの良さに圧倒されます。

 このフラッシュモブが撮影されたのは、スペイン、バルセロナ。 ビデオに”サン・ロク広場(Plaça Sant Roc)” と書かれていたので探してみました。撮影場所は下の場所です。もっと広い広場に見えたのですが、かなり狭いです。(下のGoogle Earthでピンの位置が少しずれています。もう少し右側に広場があります。)


Source:Google Earth

 Googleのストリートビューで確認したかったのですが、Googleの車が入っていけない場所らしく、離れた場所からの確認になったので少し苦労しました。


 Source:Google Earth & Google StreetView


Source:Google Earth, Google Street View & YouTube

 このビデオはとてもセンスが良いと思います。映像、カメラワークが美しい!

 お金を入れる子供、街灯によじ登る子供
 携帯で写真を撮る大人たち
 少しずつ増えていく演奏者
 奏者が増えるに従い、高まる観衆の興奮
 最後は皆で合唱

 全員が役者とエキストラでしょうね。素人はいません。なぜか?

 肖像権の問題があるからです。勝手に観客の顔を撮影して、銀行のCMに使うわけにはいきません。

 世の中には勘違いしている人たちがたくさんいるようです。銀行のCMなのに、たまたま撮影されたと思っている。カメラの台数を数えれば分かりそうなものですが、気づかない。カメラワークが絶妙です。奏者のバックにさりげなく「Sabadell銀行(BANCO SABADELL)」という玄関正面の看板が何度も映し出されています。CMなのにCMぽくない。だれもCMを見ているとは思わない。

 でも、こんなCMなら大歓迎です。
 センスが良いと感じたのは、こんな所が理由かも。